楽天お買い物マラソン開催中!

スモークツリー(ハグマノキ)の育て方!地植え・鉢植えの管理のコツや病害虫も解説!

スモークツリーの育て方!地植え・鉢植えの管理のコツや病害虫も詳しく解説!

ふわふわとした姿が印象的なスモークツリー。

庭木として植えられている以外にお花屋さんで枝ものとしても売られているので、目にしたことがある方も多いかもしれません。

スモークツリーは地植えでも鉢植えでも育てられる植物です。

今回はスモークツリーの特徴や育て方についてお話しします。

病害虫についても詳しく解説します。

スモークツリーのふわふわが気になっている方や、シンボルツリーにしようと考えている方は必見です!

目次
この記事の著者

みゆき

ガーデニングコーディネーター

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるように!
ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

  • Instagramフォロワー6.6万人
  • PWアンバサダー
  • ハイポネックスアンバサダー
  • 元小学校教員

スモークツリーの詳細情報

植物名スモークツリー
学名Cotinus coggygria
英名Smoke bush
科名・属名ウルシ科ハグマノキ属
園芸分類庭木・花木
形態高木
樹高3〜4m
原産地中国・ヒマラヤ・ヨーロッパ
開花期6〜7月
耐寒性強い
耐暑性強い

スモークツリーはウルシの仲間なので、素手で作業をするとかぶれてしまう恐れがあります。

剪定などお手入れの際の注意点は、手袋をして作業すること。

お肌が弱い方は特に注意してくださいね。

スモークツリーの別名

スモークツリーの和名は「ハグマノキ」。漢字は「白熊の木」です。

他にも、ケムリノキ、カスミノキ、リュウスコチナスとも呼ばれています。

スモークツリーの花の正体

スモークツリー初夏に3mmほどの小さな花を咲かせた後、花柄を伸ばします。

その伸びた花柄が羽毛のような見た目と触感になり、その姿が煙のように見えることから、スモークツリーと呼ばれています。

花柄の色は白やピンク、赤、黄色などさまざまな品種があるので、お庭に合ったスモークツリーを選ぶのも楽しいですよ。

スモークツリーの葉

スモークツリーは秋になると紅葉します。

スモークツリーの品種によって葉の色づき方が違うので、カラーリーフとしても人気です。

複数のスモークツリーを植えて楽しむのも良さそうですね。

スモークツリーの高さと成長スピード

暑さや寒さに強く旺盛な生育で、何も手を加えずに育てると4〜5mほどまで成長します。

お庭で育てる場合は、適宜剪定をしながら2〜3m程度で育てると良いでしょう。

スモークツリーの品種によって、背丈の高さや成長スピードは異なります。

スモークツリーはそこまで成長スピードが速くありません。

小さい品種のスモークツリーを選べば、コンパクトに育てることもできます。

スモークツリーの特徴

スモークツリーの特徴は、なんといってもふわふわでモクモクの花柄!

他の樹木ではあまり見かけない個性的な様子は、見ていて飽きないくらい可愛いものです。

ちなみに、スモークツリーは雌雄異株で、モクモクするのは雌木の方です。

ガーデニング用で出回るのはほとんど雌木なんですよ。

そんな可愛いスモークツリーの特徴についてみていきましょう。

モクモクの花がおしゃれでかわいい

スモークツリーの花はもくもくで可愛い

初夏に見られるモクモクしたお花のような姿は、お庭を一気に華やかにします。

カットして室内でインテリアとして楽しむのもまたおしゃれですね。

お庭にスモークツリーがなくても、初夏にはお花屋さんなどでカットしたものが出回ります。

色も白、ピンク、赤、黄色などがあるのでお気に入りを選んで楽しめますね♪

ちなみに、スモークツリーのモクモクは、実はお花の後に残った軸の部分。

実際は約3mm程度の黄色いお花が咲いているのですが、小さいのでほとんど目立ちません。

ドライフラワーとしても楽しめる

スモークツリーをドライフラワーとして飾っているところ

スモークツリーをカットしたら、ドライフラワーにもできます。

ドライフラワーにすると、カットしたての時とはまた違った味わいでこちらもおしゃれです。

フレッシュな状態でリースを作り、飾りながらドライにするのもおすすめですよ。

スモークツリーの育て方

スモークツリーは耐寒性・耐暑性に優れ、育てやすいのが特徴。

ガーデニング初心者でも安心して育てられます。

上手に育てるためのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

日当たり・置き場所

スモークツリーは日当たりの良い場所を好みます。

暑さに強いので、真夏に直射日光が当たる場所でも大丈夫です。

置き場所、植え付ける場所で気を付けるポイントは風の通り道を避けること。

スモークツリーは根を浅く張る性質なので、あまり強い風に当たると倒れてしまう恐れがあります。

また、生育が旺盛で横に枝葉を茂らせるため、周囲に広めのスペースを確保できると良いでしょう。

用土

スモークツリーは過湿を嫌うため、なるべく水はけの良い土を使用しましょう。

鉢植えの場合は草花用の培養土でOK!

自分で配合するのであれば赤玉土5:腐葉土3:川砂2を混ぜたものを使います。

地植えの場合は、植えたい場所が重く水はけの悪い土だったら腐葉土や堆肥、川砂を混ぜて水はけの良い環境に整えてくださいね。

この時、植え付けの2〜3週間前に土を作っておくと、土が馴染んで熟成するので植え付け後の根張りが良くなります。

植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは11月〜3月の落葉期に行いましょう。

真冬の特に寒さの厳しい時期は避けてくださいね。

スモークツリーの根は細いので、傷つけないように注意が必要です。

地植えは元のポットよりひとまわり大きい穴を掘り、根鉢を少しほぐして植え付けます。

鉢植えはできるだけ大きな鉢(10号がおすすめ)に鉢底石を敷き、その上に用土を入れて植え付けます。

植え付け後はたっぷり水やりするのも忘れずに。

また、植え付けたばかりのスモークツリーは倒れやすいので、しっかり根付くまでは支柱などで支えてあげると良いですよ。

水やり

スモークツリーは乾燥気味の環境を好みます。

水のやりすぎは蒸れて根が傷む原因になりますので注意しましょう。

鉢植えは土が乾いてから底から流れ出るくらいたっぷりと水やりします。

地植えは降雨のみで育ちますが、夏の暑い時期など土がひどく乾く時には水やりしてください。

水やりは幹や葉にかけるのではなく、株元にするのがポイントです。

肥料

肥料をあげるのに最適な時期は、12月〜3月です。

生育が良くない場合には、この時期に緩効性肥料を与えます。

スモークツリーは生育旺盛な植物なので、肥料を与えると育ちすぎて管理が大変になることも。

肥料は様子を見ながら量に注意して与えるのが良いでしょう。

夏越し

スモークツリーは耐暑性がある上、直射日光にも耐えます。

ただ多湿な環境には弱いので、蒸れないように注意してくださいね。

水やりをする場合は過湿になるのを防ぐため、朝か夕方の涼しい時間にしましょう。

冬越し

スモークツリーは耐寒性もあるので、寒冷地でも冬越しは問題なくできます。

落葉期は根の生育が緩やかになるので、土の中の水分を吸い上げる力も弱くなります。

水をあげすぎないように、水やりの頻度には注意してくださいね。

剪定・切り戻し

成長が早いスモークツリーは、毎年剪定するのがおすすめです。

剪定に適した時期は11月〜2月。

落葉期に古い枝や伸びすぎた枝、混み合っている部分などを剪定しましょう。

古い枝を切り落とすと新芽の成長を促進でき、健康な樹になります。

また、風通し対策にもなりますので、バランスを見ながら剪定してください。

切り落としすぎると翌年に花が咲かなくなりますので、注意してくださいね。

病害虫

スモークツリーで気をつけたい病気はうどんこ病です。

特に梅雨時に注意が必要で、発生すると葉が粉を吹いたように白くなります。

見つけたら殺菌剤などの薬剤を散布して対処しましょう。

害虫はカイガラムシやハダニに注意してください。

薬剤を散布しても良いですが、カイガラムシは歯ブラシなどでこすって落とす方が確実に駆除できます。

ハダニはシャワーをかけるなど水で洗い流すのが効果的。

乾燥すると発生しやすいので注意してくださいね。

風通しを良くすることは病害虫の予防にもつながります。

適宜剪定をして風通しを確保しましょう。

スモークツリーの増やし方

スモークツリーの増やし方には

  • 挿し木
  • 種まき
  • ひこばえ

の3種類があります。

挿し木

挿し木は、4月〜6月に行うのがベスト。

新しい枝を10cmほどカットし、水揚げします。

その後下葉を2〜3枚落として、用土に挿しましょう。

根付くまでは明るい日陰に置き、土が乾かないように管理してくださいね。

挿し木は成功率が低いと言われていますので、挑戦する場合は複数作っておくと良いかもしれません。

種まき

スモークツリーは9月〜10月頃に結実します。

もし種が取れたら蒔いてみましょう。

水で湿らせた用土に種まきをし、芽が出るまでは明るい日陰で管理します。

発芽したら日当たりの良い場所に移してあげてください。

ひこばえ

その他には、ひこばえから増やすこともできます。

スモークツリーは若い時期にひこばえを多数出します。

ひこばえが1mほどまで伸びたら、根をつけたまま掘り上げて移植しましょう。

スモークツリーのよくある質問

スモークツリーを飾っているところ
スモークツリーは挿し木ができますか?

スモークツリーは挿木ができます。

スモークツリーの挿木のやり方

スモークツリーの植え込み時期は?

植え付け・植え替えは11月〜3月の落葉期がベストです。

でも、スモークツリーは強いので、真夏・真冬を避ければいつでも大丈夫です。

スモークツリーの植え付けについて

スモークツリーどのくらいもつ?

枝物としては、5〜7日程度です。

枝に十字の切れ込みを入れると、水を吸い上げやすくなります。

ドライフラワーにすれば、長期間楽しめます。

スモークツリーの高さは?

スモークツリーは3〜4mになる高木です。

ただし、剪定で高さをコントロールすることができます。

矮性品種(小さい品種)もあるので、鉢植えでコンパクトに育てることも可能です。

まとめ

スモークツリーの育て方のポイントは

  • 日当たりと水はけの良い環境
  • 多湿に注意
  • 生育が旺盛なので毎年剪定をする
  • 肥料はあげすぎない

です。

ポイントを押さえて、初夏のモクモクや秋の紅葉を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次