MENU
おすすめSHOP

《ガーデニング(苗)》

 

 

《ガーデニング雑貨》


《インテリア》

花のワルツ(菖蒲町の元 実野里フェイバリットガーデン)はどんなところ?ガーデンやショップ、カフェの雰囲気を写真で紹介!

2019 11/11
花のワルツ(菖蒲町の元 実野里フェイバリットガーデン)はどんなところ?ガーデンやショップ、カフェの雰囲気を写真で紹介!
miyukiのアイコン画像miyuki
こんにちは!みゆきです。
更地をゼロから庭づくりして、3年が経ちました。
子どもと一緒にガーデニングをしています。

今回は、私がよく行くオススメのガーデン併設園芸店を紹介します。

埼玉県の久喜市(旧菖蒲町)にある、『ガーデンプレイス・花のワルツ』です。

どんな園芸店か、簡単に説明すると、

  • 広いローズガーデンがある。(イングリッシュローズと宿根草など)
  • 園芸店がある。(バラ苗、花苗、ガーデニング用品、肥料用土など)
  • カフェがある。
  • バラ教室や花教室を開催している。

こんなに魅力的な要素がたくさん詰まった園芸店です。

園芸好きの人の中には、「実野里フェイバリットガーデン」という名前を耳にしたことがある人もいるかもしれません。実際に足を訪れたという人も多いのではないでしょうか。

実は、「実野里フェイバリットガーデン」が閉店した跡地で、2018年12月1日にオープンしたのが「ガーデンプレイス・花のワルツ」なんです。

「実野里フェイバリットガーデン」は、元々イングリッシュローズを販売していたため、ガーデンにはたくさんのイングリッシュローズが植えられていました。

「ガーデンプレイス・花のワルツ」となった今でも、たくさんのイングリッシュローズを楽しむことができます。

さらに、「花のワルツ」のガーデンはゆったりとしているので、ペットと来ても、小さなお子さんと来ても楽しめるのがうれしいポイント。

屋外でカフェの食事をすることができます。

ガーデニング好き・バラ好きの人はもちろん、それ以外にもたくさんの人に楽しんでもらえる園芸店です。

花のワルツはこんな人におすすめ

バラが好きで、たくさんのバラを眺めたい。

ガーデニングを始めたいから、実際のガーデンを参考にしたい。

バラの苗や花苗などを実際に見て買いたい。

花を見ながら、カフェでご飯を食べたりお茶をししたりしたい。

子どもやペットと一緒にカフェに行きたい。

ガーデニングを教室で学びたい。

この記事では、「ガーデンプレイス・花のワルツ」の魅力をたくさんの写真とともにお伝えします。

目次

旧菖蒲町にある「花のワルツ」へのアクセス

「ガーデンプレイス・花のワルツ」は、埼玉県の久喜市(旧菖蒲町)にあります。

〒346-0112

埼玉県久喜市菖蒲町柴山枝郷415

電話 0480-31-670

アクセスの仕方は、車かバスの2択です。

バスは時間を見ないと行けない上、苗を買った場合持ち運びが大変になるので、車で行く方が無難でしょう。

車の場合

東北自動車道より

東北自動車道、久喜白岡JCT→圏央道を鶴ヶ島方面へ→白岡菖蒲町ICで降りる。

国道122号バイパスをさいたま市方面へ南下→芝山沼交差点を右折→約2.5km直進→柴山橋交差点を右折→500m直進→圏央道を潜ると、右手にセブンイレブンがある→そこから150m先に「実野里フェイバリットガーデン」時代の看板があるので、小道を左折する→道なりに進み、しばらくすると右手にあります。

さいたま市方面、埼玉県北方面より

国道122号バイパス→芝山沼交差点から「東北自動車道より」と同じです。

川越、北本、桶川、上尾方面より

JA南埼菖蒲グリーンセンター近くの圏央道高架下が目印です。

バスの場合

「ガーデンプレイス・花のワルツ」に行けるバスは、蓮田駅西口から乗れます。

朝日バス蓮田駅西口発、丸谷行、菖蒲車庫行、『稲荷前バス停』より徒歩7分

「花のワルツ」の営業日と営業時間

花のワルツ営業時間

営業時間は、AM10:00〜PM4:00

定休日は火曜日です。

令和元年11月30日をもって、一時閉店するとのことです。

営業の再開予定は、4月1日だそうです。

miyukiのアイコン画像miyuki
ちょっと残念です。4月になるのを待ちましょう!

「花のワルツ」ってどんなところ?

「実野里フェイバリットガーデン」というガーデン併設の園芸店が閉店となり、その跡地にできたのが「ガーデンプレイス・花のワルツ」です。

経営が株式会社 庭工房 桜という会社にかわりました。

「ガーデンプレイス・花のワルツ」はこんな園芸店です。

  • 広いローズガーデンがある。(イングリッシュローズと宿根草など)
  • 園芸店がある。(バラ苗、花苗、ガーデニング用品、肥料用土など)
  • カフェがある。
  • バラ教室や花教室を開催している。

これからガーデニングを始めようという人にも、長年ガーデニングをしている人にも、はたまたまったくガーデニングに興味がなくてお茶だけしたい人にも、楽しめるお店です。

「花のワルツ」のローズガーデンのようす

ガーデンプレイス花のワルツ菖蒲

「ガーデンプレイス・花のワルツ」の入り口です。

 

ローズガーデンには、たくさんのイングリッシュローズが植わっています。それにあわせて、宿根草が植えられていて、バラの季節は最高です。

バラの見ごろは、春なら5月、秋なら10月です。

ちなみに一季咲きのバラは春にしか咲かないので、春の方が迫力満点のバラの景色を楽しむことができます。秋のバラは、花が小さくなり香りが凝縮されるのが特徴です。

miyukiのアイコン画像miyuki
ぜひ春と秋、両方見てほしい!

私が今回行ったのは11月だったので、バラはやや終わりかけでした。

入るとすぐに、キッズスペースがあり、子ども向けのベンチなどが置いてあります。

実野里フェイバリットガーデン時代には、輪投げなどの手作りおもちゃがありましたが、残念ながらなくなってしまったようです。

入り口の目の前に、大きい気が植えられていて目をひきます。木のまわりには、ぐるっとお花がたくさん。

バラを誘引している構造物が独特なんです。

こんな個性的なものまで。

バラのトンネル。春、一斉に咲いたときに、ここを通りたいですね。

miyukiのアイコン画像miyuki
このローズガーデンのアイディアがお庭づくりの参考になるよ。

イングリッシュローズやオールドローズがたくさん植わっています。

ネームタグもつけられているので、「この品種いいな!」と思ったら、名前を確認できるのもうれしいポイント。

宿根草もたくさん植えられています。これは、アメジストセージとアズレアです。バラによく合いますね。

子ども連れにうれしいのが、うさぎがいること。「実野里フェイバリットガーデン」のときはいなかったので、「ガーデンプレイス・花のワルツ」になって、やってきたんでしょうね。

miyukiのアイコン画像miyuki
うちの子たちは大喜びしていました。

道路を渡った方にもガーデンがあります。

そこは、クラブアップルが大豊作でした。

衝撃的な数のクラブアップル!こんなになっているのはすごいです。

「花のワルツ」の寄せ植えがすごい

「ガーデンプレイス・花のワルツ」には、いろんなところに寄せ植えやハンギングが置いてありました。

どれもとても素敵なんです。寄せ植えづくりの参考になること間違いなしです。

寄せ植えはこちら

ハンギングはこちら

リースはこちら

miyukiのアイコン画像miyuki
園芸店がすぐ近くにあるから、サンプルの寄せ植えと同じ苗を買って帰ることができるのもうれしいですね。

「花のワルツ」の園芸店

「ガーデンプレイス・花のワルツ」の園芸店では、こんなものを扱っています。

  • バラ苗
  • 花苗
  • 庭木苗
  • 肥料用土
  • 園芸用品

セールのコーナーもあったので、必見です。

「花のワルツ」のカフェメニュー

実野里フェイバリットガーデンと変わったことは、カフェを取り仕切っているのが、イラン出身の男性になったこと。

miyukiのアイコン画像miyuki
すごく気さくな人なので、カフェに行くのが楽しみになります!

11月に行った時のメニューはこんな感じでした。

食べるスペースは、店内と屋外があります。

屋外では、犬と一緒に食事をすることもできます。屋外の方が座席がたくさんあり、ゆったり座ることができます。

Twitter

座席の上にぶどう棚があり、時期によっては、ぶどうがなっている様子を見ることもできます。

「花のワルツ」のガーデニング教室

「ガーデンプレイス・花のワルツ」では、さまざまなワークショップが開催されています。

その内容は、寄せ植え教室や、バラ教室、雑貨づくりなど多岐に渡ります。

バラ教室では、実際に「ガーデンプレイス・花のワルツ」のローズガーデンに植えてあるバラを使って体験できるものもあります。

バラ栽培を先生に教わりたいという人におすすめです。

「花のワルツ」まとめ

「ガーデンプレイス・花のワルツ」は、魅力あふれる素敵な園芸店です。

  • 広いローズガーデンでお花を楽しめる。
  • バラ苗、花苗、ガーデニング用品、肥料用土などをお買い物できる。
  • カフェで食事やお茶を味わえる。
  • バラ教室や花教室で学べる。

2019年は、11月30日までの営業です。営業再開は、4月1日予定とのことです。

ぜひ「ガーデンプレイス・花のワルツ」に足を運んでみてくださいね。

 

miyukiのアイコン画像miyuki
ツイッター(@miyuki_garden)、インスタグラム(@miyuki.garden )もやっています。ぜひご覧ください。

 

この記事を書いた人

≪家づくりをこだわるなら、お庭づくりもこだわろう≫

新築戸建に住み始めたのをきっかけに、更地から庭づくりを始めて4年目になりました。
元々植物を枯らすタイプだったけど、ガーデニングに挑戦したらいいことばかり!

私のガーデニング理念は、
・帰ってくるのが楽しみになるような庭にしたい。(育てるバラは43種類。)
・子ども(5歳&0歳)においしい野菜を食べさせたい。
・お庭で一緒に遊びたい。

今では、1日5分の草取りで、キレイを維持しています。

手間のかからないガーデニングを発信します!

コメント

コメントする

目次
閉じる