書籍「ずぼらガーデニング」好評発売中 Amazon >

コリウスの育て方と管理のコツを初心者にもわかりやすく解説

コリウスの育て方と管理のコツを初心者にもわかりやすく解説

パッとわかる!コリウスの育て方

  • 乾燥に弱いので、水もちのよい土・こまめな水やりが必要
  • カラーリーフとして楽しむなら、2週間1回の摘心をする
  • 地植えの場合、冬に弱く枯れていくので一年草の扱いになる

コリウスは、花に負けないほどの鮮やかなリーフが特徴的です。

葉の形、色、大きさなど様々な品種が存在し、今では100以上の種類があります!

この記事では、コリウスの育て方と管理のコツをご紹介します。

\タップで読みたいところに飛べます/

運営者
みゆき

みゆ庭編集部

ガーデニングコーディネーター

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるように!
ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

目次

コリウスの詳細情報

コリウスの育て方
コリウス
植物名コリウス
学名Solenostemon scutellarioides
英名flame nettle、painted leaves
科名シソ科
属名ソレノステモン属
園芸分類草花
形態一年草
樹高~50cm程度
原産地アジアの熱帯、亜熱帯、アフリカ
開花期6月~10月頃
花色青、白、紫など
耐寒性弱い
耐暑性強い

コリウスは、一般的にカラーリーフとして観賞されます。

植物の葉というと緑色ですが、コリウスの葉はとっても鮮やかです!

例えば、赤い葉に黄緑の縁取り、緑の葉に赤い斑、オレンジ色の葉、紫の葉など。

コリウスの育て方

コリウスは花も咲かせますが、葉を楽しむ植物。

花壇だけでなく、ハンギングや寄せ植えなどで大活躍します。

コリウスは鑑賞期間が長く、花が少ない真夏・寂しくなりがちの秋のガーデニングにも映えます。

コリウスは、乾燥に弱いので水はけ・水もちのよい土を用意してください。

もともと肥料を必要としませんが、美しく葉を保たせるには生長期に肥料を施します。

コリウスは、日光に当たれば葉の色が濃くなります。

真夏は直射日光によるダメージを受けてしまうので、半日陰の場所で管理すると安心です。

冬になるとコリウスは枯れていくので、一年草の扱いになります。

増やし方には、挿し芽が容易で育てやすいです。

コリウスの育て方|購入から植え付けまで

コリウスの育て方

↓タップで読みたいところに飛べます。

入手方法と販売時期

コリウスは、種や苗を園芸店やネット通販で購入できます。

種は、年中販売されていますが種まきは5月頃です。

苗は、5~6月に多く出回ります。

コリウスには、育て方が2つあります。

1つは種から育てる実生系、2つは挿し木で増やす栄養繁殖系です。

実生系は、小ぶりで花が咲くタイプ。

栄養繁殖系は、花がつきにくく切り戻しを繰り返すと大株になるタイプ。

どの大きさにするか、花を楽しみたいかによってタイプを選ぶとよいでしょう。

用土

コリウスは、水はけと水もちのよい土が適しています。

鉢植えなら、市販の草花用培養土を用意します。

地植えなら、掘った土に腐葉土や元肥をすき込みましょう。

植え付け・植え替え

コリウスは、種まきの場合、5月以降が適期です。

発芽適温は25℃前後なので、地域の気温をチェックしましょう。

苗の場合、5~6月頃に植え付けます。

ポット苗から取り出すときは、根鉢を崩さないようにしてくださいね!

鉢植えの場合、生育の様子に合わせて、鉢を大きくしていきます。

鉢の下から根が出てきたら植え替えのサイン。

地植えの場合、冬に弱く枯れていくので植え替えはありません。

日当たり・置き場所

コリウスは、日当たりでも日陰でも育ちます。

日光を十分に当てたほうが、葉が美しくなります。

ただ真夏の直射日光は強いので、その間は半日陰の場所で管理してください。

コリウスの育て方|日々のお世話

コリウスの育て方

↓タップで読みたいところに飛べます。

水やり

コリウスは、乾燥に弱いので水切れさせないようにします。

鉢植えなら、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

地植えなら、植え付け後にたっぷり水を与えますが、その後は雨水に任せます。

真夏など極端に乾燥すると葉がしおれたり、枯れてしまいます。

真夏は、早朝にたっぷりと水やりします。

秋ごろは気温が低下するので、水やりは控えめにしてください。

肥料

コリウスの生長期4~6月と9~10月には、肥料を与えます。

液体肥料なら月1回に施し、化学肥料なら株元にばらまきます。

肥料のやりすぎには注意していただきたいです!

肥料が多いと、葉の色が薄くなったり鈍くなります。

剪定・切り戻し

コリウスを、カラーリーフとして楽しみたい方は1~2週間に1回ほど摘心をします。

切り方としては、本葉が10枚になったら頂点の芽をカットです。

摘心を繰り返すとわきめから芽を出します。

芽を出すと、葉がバランスよくたくさんつくので見栄えが良いです。

お花を咲かせたい場合は、まめな摘心をしない方がよいでしょう。

こまめな摘心をすると、花が咲きにくくなるからです。

夏越し

コリウスは、夏に強いので特に夏越しの作業はありません。

真夏の日差しによって葉色があせることがあります!

真夏は、半日陰の場所に管理すると安心です。

冬越し

コリウスは、冬になると枯れるので、基本的には冬越できません。

そのため、日本では一年草の扱いになります。

冬越させたい場合は、11月頃に室内に取り込んで管理します。

病害虫

コリウスには、病害虫に比較的強いです。

たまに、アブラムシやハダニ、ヨトウムシ、ナメクジがつきます。

見つけたら、市販のスプレーで吹き飛ばします。

特に、ハダニは真夏の乾燥する時期に発生しやすいです。

ハダニの予防法は、しっかりと葉水をするのが効果的です!

コリウスの増やし方

コリウスは、挿し芽で増やせます。

気温が高い時期ならいつでも可能ですが、6~8月が適期です。

節があるものを7~8cmほどカットして、水にしばらく浸します。

十分に吸水させたら挿し木用の土に挿して、風通しがよく日陰の場所で管理します。

根が生えてくるまでは、水を切らさないようにしましょう。

コリウスは、水差しでも増やせます。

水の入れたコップなどに茎を入れておくと、根が生えてきます。

ただ、葉は水の中に浸からないようにしてくださいね。

まとめ

コリウス単品で楽しむほかに、寄せ植えやハンギングなどアレンジに最適です!

ぜひ花に負けないほどの鮮やかなコリウスを育ててみてください。

植物図鑑に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

みゆきの「ずぼらガーデニング講座」参加者募集中

おうち習いごとアプリ・miroomさんで「ずぼらガーデニング講座」を開講中♪

ガーデニング初心者の方でも手軽にできる寄せ植えを、全5回の動画レッスンで学ぶことができます。

\200名以上の方が受講/

「ずぼらガーデニング」が本になりました!

みゆきがInstagramなどで発信している「ずぼらガーデニング」が本になりました!

ずぼらガーデニング

みゆきのInstagramはこちら→@miyuki.garden

\獲得!/

  • Amazonガーデニング・ベストセラー1位
  • 楽天ブックスガーデニング・1位

購入はこちらから

\最大10%ポイントアップ!/
>Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
>Yahooショッピングを見る

YouTubeもやっています

簡単ガーデニング情報を動画でも詳しく解説しています。

実際にお庭作業しているようすや管理のコツも載せているので、ぜひチェックしてくださいね。

\今すぐチェック/

目次