書籍「ずぼらガーデニング」好評発売中 Amazon >

アルテルナンテラの育て方と管理のコツを初心者にもわかりやすく解説

アルテルナンテラの育て方と管理のコツを初心者にもわかりやすく解説

パッとわかる!アルテルナンテラの育て方

  • 庭植えの場合は水やり不要、鉢植えなら土が乾燥したらたっぷりお水をあげます。
  • 暑さにとても強く真夏の太陽の下でもよく育ちます。

アルテルナンテラは葉っぱの色が魅力的な植物で、寄せ植えやグランドカバーにカラーリーフプランツとして利用されます。

花を観賞するよりも葉っぱを観賞する植物です。

寒さに弱いので冬越しは難しいですが、挿し芽や水挿しで増やしたり、品種によってはこぼれ種で増えることもあります。

この記事では、アルテルナンテラの育て方について、ガーデニング初心者の方でもわかりやすく解説しました。

\タップで読みたいところに飛べます/

運営者
みゆき

みゆ庭編集部

ガーデニングコーディネーター

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるように!
ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

目次

アルテルナンテラの詳細情報

アルテルナンテラの育て方
アルテルナンテラ
植物名アルテルナンテラ
学名Alternanthera ficoidea
英名Joseph’s coat
科名ヒユ科
属名ツルノゲイトウ属
園芸分類草花
形態多年草(一年草)
樹高10cm〜100cm
原産地熱帯〜亜熱帯の中南米
開花期10月〜11月頃
花色赤、白、紫など
耐寒性弱い
耐暑性強い

アルテルナンテラは熱帯〜亜熱帯の中南米が原産の植物で、200種類ほどの品種が存在しています。

アルテルナンテラは葉っぱの色が美しいため、葉っぱを楽しむ目的で栽培されることが多いです。

アクアプランツとして水の中でも栽培できる品種があり、リラチナやレインキーなど水中でも葉の模様や色彩を楽しむことができます。

アルテルナンテラは多年草ですが熱帯地域の植物のため寒さに弱く、日本では冬越しが難しく一年草として育てます。

アルテルナンテラのおもな園芸品種には以下のような品種があります。

種類品種名
アカバセンニチコウリトルロマンス四季を通して葉っぱの色が変化する
アキランサスエンジェルレース白い若葉を楽しめる
ブラジリアーナ種パープルプリンス矮性品種で紫の葉が美しいパープルプリンス
ポリゲンス種千日小坊花色が赤や紫の可愛らしい

アルテルナンテラの育て方|購入から植え付けまで

アルテルナンテラの育て方

↓タップで読みたいところに飛べます。

入手方法と販売時期

アルテルナンテラの苗は園芸店やホームセンター、インターネット通販で購入することができます。

アルテルナンテラの苗は4月~5月頃と9月~10月頃に店頭に並ぶので、葉の色がきれいなものを選んで購入しましょう。

アルテルナンテラは一般的に苗から育てるため、種はほとんど流通していません。

用土

アルテルナンテラは水はけのよい土で育てます。

庭植えにする場合は他の植物が健康に育っている土なら、特に問題はありません。

水はけをよくする場合は、植え付け場所に腐葉土や赤玉土をよく混ぜ合わせましょう。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土がオススメです。

自分で配合する場合は、赤玉土:腐葉土=7:3を目安に配合してください。

植え付け・植え替え

アルテルナンテラの植え付けと植え替えの適期は6月〜10月頃の暖かい時期に行います。

植え付け

購入してきたアルテルナンテラの苗をポットから取り出します。

アルテルナンテラの根っこを傷つけないよう、根鉢の下1/3の土を軽く棒などでつついて落とします。

苗の根元の土も棒などで軽くつついて落としましょう。

庭植えの場合は日当たりと水はけのよい場所に植え付けます。

鉢に植える場合は、もともと植わっていた鉢の2回り大きい物、または30cm程度の大きさの鉢を使いましょう。

植え替え

庭植えのアルテルナンテラは植え替えの必要はありません。

鉢植えのアルテルナンテラは根詰り防止の為、2年に1回植え替えましょう。

日当たり・置き場所

アルテルナンテラは熱帯の暑い地域で自生する植物なので、暑さに強く日当たりを好みます。

強い直射日光も大好きなのでたっぷり太陽の光にあてましょう。

明るさのある日陰でも育ちますが、葉の色が悪くなるので注意してください。

アルテルナンテラは短日植物のため、日照時間が短くなると花が咲きます。

アルテルナンテラの育て方|日々のお世話

アルテルナンテラの育て方

↓タップで読みたいところに飛べます。

水やり

アルテルナンテラは水はけと水もちのよい環境を好むので、やや乾燥ぎみに育てます。

乾燥しすぎると下の葉が変色してくるので注意してください。

庭植えのアルテルナンテラは水やりしなくても自然の雨で大丈夫です。

鉢植えのアルテルナンテラは土が乾燥したら、たっぷりお水をあげましょう。

肥料

アルテルナンテラの肥料はやや少なめで育てます。

庭植えの場合

庭植えのアルテルナンテラはほぼ肥料はなくて大丈夫です。

7月〜8月の夏の暑い時期に、化成肥料や液体肥料を与えると大きく育ちます。

鉢植えの場合

鉢植えの場合は植え付けの時に化成肥料などの元肥を与えます。

6月〜10月の期間は毎月1回くらいの頻度で化成肥料を株元に置いておくか、20日に1回くらいの頻度で液体肥料を与えましょう。

剪定・切り戻し

アルテルナンテラはほったらかしても形良くまとまるので、剪定しなくてもほとんど大丈夫です。

植え付けた場所によって伸びすぎたり茂りすぎたりした枝を間引くようにカットします。

花壇や寄植えなどで横に広がらせる場合は、伸びた枝を切り戻して摘芯して枝数の多い株に育てます。

夏越し

アルテルナンテラは暑さにかなり強いため、夏越しで気をつけることは特にありません

冬越し

アルテルナンテラは寒さに弱く、耐寒温度は5℃です。

冬には枯れてしまうので、日本では一年草として育てることが多いです。

アルテルナンテラは多年草なので、冬が来る前に掘り起こすなどして室内に取り込めば、冬越しすることができます。

別の方法として庭植えのアルテルナンテラを挿し木しておいて、暖かくなったら庭に戻すこともできます。

病害虫

アルテルナンテラは病害虫の被害に遭うことはほとんどありませんが、まれにナメクジがつくことがあります。

ナメクジを見つけたらすぐに取り除き駆除しましょう。

アルテルナンテラの増やし方

アルテルナンテラの育て方

アルテルナンテラは品種によって増やしやすい方法に違いがあります。

挿し木株分け種の採取
アカバセンニチコウ
アキランサス
ブラジリアーナ種
ポリゲンス種

挿し木

アルテルナンテラの挿し木は冬以外はいつでも可能ですが、5月〜9月頃がオススメです。

土挿しと水挿しが可能で、暑い夏の頃は発根も早く成功しやすいです。

挿し穂は節の下で5cm〜10cmくらいになるよう、斜めにカットします。

土や水に挿す部分の葉っぱは取り除きます。

土挿しの場合は1時間程度水上げして挿し床に挿し、水挿しの場合は水を入れたコップなどに挿しておきます。

挿し木後は日陰に置いて管理し、土挿しは土が乾燥しないよう水をあげましょう。

株分け

アルテルナンテラの株分けは6月〜9月頃が適期です。

アルテルナンテラの苗を土から出し、根っこについた土を落とします。

黒っぽくなった傷んだ根っこがあれば取り除いてください。

分けた時に根っこと芽がしっかり付くようイメージし、ナイフなどで根っこを2つ程度に分けましょう。

分けた後は鉢やプランターや花壇などに植え付けます。

種の採取

アルテルナンテラの一部の品種は種の採取やこぼれ種で増やすことができます。

種の採取ができる品種は以下の品種です。

  • アカバセンニチコウ
  • アキランサス
  • ブラジリアーナ種

まとめ

アルテルナンテラの育て方を紹介しました。

アルテルナンテラは葉っぱの色が豊富で、雰囲気をナチュラルにもシックにもすることができます。

冬以外は葉っぱを観賞することができるので、寄植えなどにぜひ使ってみてくださいね!

植物図鑑に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

みゆきの「ずぼらガーデニング講座」参加者募集中

おうち習いごとアプリ・miroomさんで「ずぼらガーデニング講座」を開講中♪

ガーデニング初心者の方でも手軽にできる寄せ植えを、全5回の動画レッスンで学ぶことができます。

\200名以上の方が受講/

「ずぼらガーデニング」が本になりました!

みゆきがInstagramなどで発信している「ずぼらガーデニング」が本になりました!

ずぼらガーデニング

みゆきのInstagramはこちら→@miyuki.garden

\獲得!/

  • Amazonガーデニング・ベストセラー1位
  • 楽天ブックスガーデニング・1位

購入はこちらから

\楽天ポイント4倍セール!/
>楽天市場を見る
\ポイント5%還元!/
>Yahooショッピングを見る

YouTubeもやっています

簡単ガーデニング情報を動画でも詳しく解説しています。

実際にお庭作業しているようすや管理のコツも載せているので、ぜひチェックしてくださいね。

\今すぐチェック/

目次