みゆ庭・webオープンガーデン|2017春

植物を育てるのが苦手な私でも、ガーデニングできています。

むしろガーデニングが大好きと言えるまでに。

がんばった成果が実り始めた2017年からwebオープンガーデンをします。

わが家のお庭をぜひご覧ください。

目次
この記事の著者

みゆき

ガーデニングコーディネーター

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるように!
ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

  • Instagramフォロワー6.9万人
  • PWアンバサダー
  • ハイポネックスアンバサダー
  • 元小学校教員

2017年・春のマイガーデン

この記事では、2017年春のマイガーデンの写真を載せています。

オープンガーデンに来たつもりで見てくれたらうれしいです。

門扉前エリア

ビオラとアリッサムの寄せ植え。あふれるほど咲いてくれました。

オレンジの花は、種から育てたハナビシソウ。

ロベリアのリースも作りました。アイビーとあわせて。

テラコッタの鉢の中にちょこんといるのは、見元園芸のビオラ「ピンクコアラ」。

春の終わりには、ロベリアが満開に。
フランネルフラワーとペチュニアの寄せ植えを添えて、爽やかなコーナーに。

白い小花は、タナセタムジャックポットです。宿根草ですが、2年で消えてしまった悲しい思い出の花…。

私のイチオシは、キャットミント。花期が長く、バラによく合うので、イングリッシュガーデンを目指すなら、ぜひ植えたい宿根草。

ピンクのイベリスは、種から育ったもの。これも2年くらいで消えてしまいました。

メインガーデン

バラを中心に植えてあります。

早春の花壇。チューリップは2年目のものなので、ひょろひょろです。

宿根タイプの忘れな草は、見ごたえ抜群でした。

私のファーストローズ、「カフェ」。とってもいい香りです。私は毎年ビオラを6月ごろまで育てます。かわいそうで抜けないんです。

玄関前に作ったコーナー。ミニチュア風にしてみました。かわいくてお気に入り。

ロサオリエンティスの「オーブ」です。重厚感ある存在です。

バラの家福袋に入っていたオールドローズ「ジェームスメイソン」。まるで椿のような雰囲気のバラです。

手前にある赤いバラは、国際バラとガーデニングショーで買ってきた「コーヒーオベーション」。この色味が大好きです。

バラの定番!「ピエールドゥロンサール」。色も形もかわいくて、最高のバラです。

毎年小さな花をたくさん咲かせてくれるのは、「スイートドリーム」。つるバラだけど、育てやすいです。

手前の黄色いバラはロサオリエンティスの「ハープシコード」。黄色いバラもかわいいですよ。

白いバラでおすすめのものは?と聞かれたら、絶対にこれ!「アイスバーグ」です。

毎年ブーケのように房咲きします。

手前のピンクのバラは、ロサオリエンティスの「ダフネ」。フリフリの花びらがまるでドレスのようです。

門扉側からアイスバーグを眺める。

こちらは「アンティークレース」。名前の通り、フリフリした花びらがかわいいバラです。

いつも遅く咲くのが「ホーム&ガーデン」です。アーチに誘引していて、わが家のシンボルローズとも言えます。

ブログ名の「Home and Garden」は、このバラからとっています。

バラをカットしてお部屋にも。

お花のある生活は幸せです。

webオープンガーデンは、随時アップしていきます。

次回もお楽しみに!

miyuki
ツイッター(@miyuki_garden)、インスタグラム(@miyuki.garden )もやっています。ぜひご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お知らせ

簡単ガーデニング情報を動画でも詳しく解説しています。

実際にお庭作業しているようすや管理のコツも載せているので、ぜひチェックしてくださいね。

この記事を書いた人

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるようになりました!

実体験から見つけた「手間のいらない庭づくり」。
・簡単に管理できるコツ
・初心者でも育てられる植物
について発信しています。

ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

⚫︎Instagramフォロワー6.9万人。
⚫︎ガーデニングコーディネーター資格あり。
⚫︎PWアンバサダー
⚫︎ハイポネックスアンバサダー
⚫︎LOVEGREENアンバサダー
⚫︎元小学校教員

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次