MENU
おすすめSHOP

《ガーデニング(苗)》

 

 

《ガーデニング雑貨》


《インテリア》

北欧インテリアに飽きた!?それって本当に好き?自分らしさを見つけよう

2020 6/20
北欧インテリアに飽きた!?それって本当に好き?自分らしさを見つけよう
この記事で分かること

人気があった「北欧インテリア」に飽きてしまったとき、自分らしいインテリアを見つけるにはどうしたらいいかについて、まとめます。

Instagramでインテリアの投稿を見ていると、みんな似たような写真ばかりだな…と思うことはありませんか?

みんなが持っているから」ではなく、「自分が好きだから」と言えるようなインテリアを探してみましょう。

Instagramでインテリアの情報を集めているという人も多いのではないでしょうか。

インスタグラマーの暮らしは、オシャレで洗練されていて、憧れますよね。

でも、ふと気づくとみんな同じような投稿…。

「あれ、私これ好きなんだっけ?」

なんて思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

家は毎日暮らす、とても大切な場所です。

居心地のいいインテリアにするは、自分や家族の『好き』が詰まっていることが大事ですね。

心から「好き」と思えるインテリアを見つける方法をまとめます。

目次

北欧インテリアが好き!…それって本当?

3年前の新居への引越しを機に、Instagramでインテリアを載せている方の写真を見るようになりました。

もともとマリメッコが大好きだったのもあり、最も惹かれたのが『北欧インテリア』。

参考にさせてもらおう♪と楽しく見ていました。

ステキな人の真似をしてみた

とステキだなぁと思った人の収納や雑貨を真似するように。

リサラーソン

リサラーソンの雑貨、

しろくま貯金箱、

観葉植物はウンベラータ、

洋ナシポスターにバーズワーズ、

子ども椅子はストッケ、

ビンテージ家具までは買えないから、IKEAで。

ウンベラータ

見た目はスッキリ。

アパート暮らしの頃に比べて、かなり快適になりました。

「本当に好き?」疑問を感じるように

洋ナシポスターを買ったことがきっかけで、自分の中の『北欧インテリアブーム』に、ふつふつと疑問がわいてきました。

洋ナシポスター
みゆきのアイコン画像みゆき

あれ!?これ、好みじゃないかも?

今となっては当たり前とわかることですが、

みんなが持っている=いいではないんですよね。

考えれば、私は、マリメッコやIKEAのナチュラルな感じのものは好きだけど、リサラーソンの雑貨やムーミンは別に好みではなかったのです。

みんなが同じものを持っているフシギ

ポスターをきっかけに、違和感はどんどん膨らんでいきました。

北欧インテリアを謳っている人は、みんな同じものを持っていることに気づいたのです。

マリメッコ

テキスタイルはマリメッコ、カウニステ、アルテック。

雑貨はリサラーソン、しろくま、ダーナラホース。

食器はイッタラ、アラビア。

照明はルイスポールセン、アルテックのスツールに、Yチェア。

天井からはモビール。

もちろん、心から北欧のものが好きで、集めていらっしゃる方もいると思います。

でも、Instagramに影響されて、という人も多いのではないかと思います。

これらを持っていないと『北欧インテリア』と言ってはいけないような気さえします。

そして、北欧のものは、丁寧に作られている分、高品質だけど、どれも高額!

とても全部は買えませんよね。

北欧インテリアに飽きた!自分の好きを見つける方法

じゃあどうやって自分の「好き」を見つけるのか。

自分が好きなものを見直すには、ピンタレスト(Pinterest)がおすすめです。

ピンタレストは、他のSNSと違って、他のユーザーとのやりとりがないのが特徴です。

画像を自分のボードに保存する(=ピンする)ことで、自分の好きな画像を集めていきます。

ピンタレストでインテリアの画像を探してみてください。

みゆきのアイコン画像みゆき

たまってきた画像を見返すと、自分の好きなものがわかりやすいよ。

ピンタレストは、画像に紐づけされているウェブサイトに飛ぶこともできます。

情報収集にはもってこいのSNSですよ。

ぜひピンタレストでインテリアの画像を探して集めてみてくださいね。

この記事を書いた人

≪家づくりをこだわるなら、お庭づくりもこだわろう≫

新築戸建に住み始めたのをきっかけに、更地から庭づくりを始めて4年目になりました。
元々植物を枯らすタイプだったけど、ガーデニングに挑戦したらいいことばかり!

私のガーデニング理念は、
・帰ってくるのが楽しみになるような庭にしたい。(育てるバラは43種類。)
・子ども(5歳&0歳)においしい野菜を食べさせたい。
・お庭で一緒に遊びたい。

今では、1日5分の草取りで、キレイを維持しています。

手間のかからないガーデニングを発信します!

コメント

コメントする

目次
閉じる