MENU
おすすめSHOP

《ガーデニング(苗)》

 

 

《ガーデニング雑貨》


《インテリア》

ガーデニング、11月の作業【初心者でもわかる!1年間の園芸作業まとめ】

2020 6/03
ガーデニング、11月の作業【初心者でもわかる!1年間の園芸作業まとめ】
miyukiのアイコン画像miyuki
こんには!みゆきです。
更地をゼロから庭づくりして、4年目になります。
子どもと一緒にガーデニングを楽しんでいます。

こちらは、1年間のガーデニング作業を、月ごとにまとめる記事です。

この記事はこんな人におすすめ

ガーデンをこれから始めようとしている人

ガーデニングを始めたばかりの人

ガーデニングをやりたいけど、なにをしていいかわからない人

今回は11月のガーデニング作業を紹介します。

11月は二十四節気でいうと、「立冬(11月7日頃)」と「小雪(11月22日頃)」があります。

暦の上では冬となり、日も短く気温も下がってきます。

11月はどんなことをしたらいいのでしょうか?

miyukiのアイコン画像miyuki
詳しく見ていきましょう。
目次

ガーデニング、11月の作業

ガーデニング11月

11月は、秋の終わり。

ここで一番やっておきたいのが、庭の大掃除です。

miyukiのアイコン画像miyuki
おうちの中の大掃除は12月に、庭の大掃除は寒くなる前の11月に済ませよう。

ガーデニング、11月の作業その1、草取り

春や夏に暴れまくっていた雑草は、11月になるとだんだんと勢いがダウンしてきます。

「草取りしなくて済む、ラッキー!」と思いたいところですが、ここでしっかり雑草を取っておくことが大切です。

miyukiのアイコン画像miyuki
雑草は、1株で数十万粒もの種をつけます。そのままにしておくと、来年は雑草の海と化します。

そのため11月のうちに、元気な雑草から枯れた雑草まで、できるだけ全部取っておくとよいです。

そうすることで、翌年の春に雑草が生えるのが少し遅くなりますよ。

また、雑草を取っていないと、寒肥(かんごえ=冬に施す肥料)が、雑草を育てるためのものになってしまいます。

miyukiのアイコン画像miyuki
雑草は枯れていても抜いておくべきだね!

ガーデニング、11月の作業その2、落ち葉そうじ

11月は落葉樹の葉が落ちてくる時期でもあります。

庭に落ちた葉は、すべて取ってきれいにしておきましょう。

落ち葉が残ったままだと、病害虫の温床になります。

miyukiのアイコン画像miyuki
バラの落ち葉をそのままにしていると、黒点病(黒星病)の原因になるよ。

病害虫が発生してしまうと、せっかく大切に育ててきた植物の生育が悪くなってしまいます。

そうならないためにも、落ち葉はしっかりと取り除きたいです。

ガーデニング、11月の花

11月に植えられる花

ガーデニング11月に咲く花

11月に草花や球根を植えるなら、お早めに!

霜が降りてから植えると、根っこへのダメージが大きいです。そのため、せっかく植えたのに枯れてしまったなんてことになりかねません。

11月に咲く花

11月は気温は下がりますが、まだまだ花が咲く時期です。

この時期に咲いているのは、強い植物ばかり。

ほっといても育つものばかりなので、ガーデニング初心者におすすめの植物ですよ。

どんな花が咲くのかを紹介します。

パンジー・ビオラ

ガーデニング11月の花

9月ごろから流通し始めるビオラパンジーは、11月にたくさん花をつけてくれます。

冬を越えて、春まで咲き続けてくれるのが魅力です。秋冬に、寂しくなってきたお庭に重宝します。

花壇にも寄せ植えにも使える万能選手です。

チョコレートコスモス

ガーデニング11月に咲く花

チョコレートコスモスは、コスモスに似た宿根草です。

チョコレートのような色合いが秋らしいです。なんと、チョコレートのにおいがするんですよ。

騙されたと思って、一度育ててみてくださいね。

サルビア・アズレア

ガーデニング11月の花

宿根タイプのサルビア、アズレアです。青い花色が咲き誇ると、とても爽やかな印象になります。まるで秋晴れの空のよう。

かわいい花色に反して、背丈が高くなりすぎて、暴れがち。短く切るなど、対策が必要です。

シュウメイギク(秋明菊)

ガーデニング11月の花

シュウメイギクの花色は白とピンク、花びらは一重と八重のものがあります。写真のものは、ピンクの八重タイプです。

シュウメイギクはかなり剛健です。完全放置でも、育てられます。地下茎で増えすぎるのが、たまにキズ。増えすぎたら抜きましょう。

他の植物を駆逐する勢いがあるので、バラやクレマチスの近くに植えない方がよいです。

皇帝ダリア

ガーデニング11月の花

皇帝ダリアは、「皇帝」という名にふさわしい植物です。

なんと、背丈が5~6mになるんです。2階の窓から花を楽しめるようになりますよ。そのため、庭植えに向いています。

そこまで大きくしたくない場合は、何回かに分けて切り戻すと、それほどまで大きくなりません。

日が短くなってから花芽ができるのが特徴で、11月下旬ごろから咲きだします。

マリーゴールド

ガーデニング11月の花学校の花壇に植わっているイメージのマリーゴールド。夏の花ですが、すごいことに11月でも咲き続けるほど、強いんですよ。

しかも、花がらをそのままにしておくと、種ができ、こぼれ種で毎年ふえていきます。

オレンジの花色は、夏は元気な印象ですが、秋の紅葉にもよく馴染みます。

ガウラ

ガーデニング11月に咲く花

ガウラも剛健です。年がら年中咲いています。11月にもたくさん花を咲かせてくれるので、うれしい存在です。まるでちょうちょのような花は、どんな植物とも相性抜群!

花が終わってきたら、切り戻してあげると、すぐにぐんぐん伸び始め、再び花をつけるようになります。

宿根草で年々株が大きくなっていきます。こぼれ種でも増えます。

ミューレンベルギア

ガーデニング11月の花

ミューレンベルギアは、穂が美しい宿根草です。

赤みがかったフワフワの穂が風に揺れる姿は、とても秋らしく趣があります。

ナチュラルガーデンにぴったりな植物の一つです。自然な感じを演出してくれます。

ガーデニング、11月の種まき

ガーデニング11月の種まき

11月は気温が低くなるので、種まきをして発芽しても、生育不良になる可能性が高まります。

miyukiのアイコン画像miyuki
東北・北海道(寒冷地)は、11月の種まきは難しいです。

種を選ぶ場合は、裏側に書いている説明書をよく読んでから買いましょう。

野菜に関しては、不織布やマルチを使ったり、トンネルがけをすることで保温効果を高めて、栽培することができます。

ガーデニング、11月でも育てられるハーブ

ガーデニング11月のハーブ

ガーデニングしていると、ハーブも気になるところです。

寒くなってくる11月でも育てられるハーブがあるんですよ。

寒さに強いものを選べば大丈夫です。この時期に苗を植えることもできますよ。

寒さに強いのは、セージやローズマリー、ミント、レモンバーム、パセリなどです。

miyukiのアイコン画像miyuki
11月からハーブを育てれば、クリスマスディナーにも使えそう!

それぞれの効能も紹介します。

セージ

ガーデニング11月のハーブ

【効能】解熱、健胃、消化促進、更年期障害、デオドラント効果

ローズマリー

ガーデニング11月のハーブ

【効能】強肝、健胃、強壮

ミント

ガーデニング11月のハーブ

【効能】健胃、鎮静、強壮、殺菌、デオドラント効果

レモンバーム

ガーデニング11月のハーブ

【効能】沈静、抑うつ、消化促進、健胃、強壮

パセリ

ガーデニング11月のハーブ

【効能】健胃

11月のガーデニングまとめ

11月は日に日に気温も落ち、植物にも変化が見られる時期です。

少しずつ変わっていくお庭の色の変化を楽しみながら、寒い冬に備えて、お庭の大掃除をがんばりましょう。

ガーデニングに夢中になりすぎて、風邪をひかないようにしてくださいね。

 

 

miyukiのアイコン画像miyuki
ツイッター(@miyuki_garden)、インスタグラム(@miyu_garden )もやっています。ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

≪家づくりをこだわるなら、お庭づくりもこだわろう≫

新築戸建に住み始めたのをきっかけに、更地から庭づくりを始めて4年目になりました。
元々植物を枯らすタイプだったけど、ガーデニングに挑戦したらいいことばかり!

私のガーデニング理念は、
・帰ってくるのが楽しみになるような庭にしたい。(育てるバラは43種類。)
・子ども(5歳&0歳)においしい野菜を食べさせたい。
・お庭で一緒に遊びたい。

今では、1日5分の草取りで、キレイを維持しています。

手間のかからないガーデニングを発信します!

コメント

コメントする

目次
閉じる