MENU
おすすめSHOP

《ガーデニング(苗)》

 

 

《ガーデニング雑貨》


《インテリア》

ガーデニングの季節・5月の庭作業まとめ!初心者でもわかりやすく解説

ガーデニングの季節・5月の庭作業まとめ!初心者でもわかりやすく解説

5月は花が咲きほこるガーデニングの季節!

お庭に出るのが楽しみになりますね♪

この記事では、5月の庭作業についてまとめました。

ガーデニング初心者でもわかりやすく紹介します。

5月に行いたいガーデニング作業はこちら。

  1. 花がら摘み
  2. 水やり
  3. 雑草とり
  4. 病害虫対策
  5. 種まき
  6. 花苗を購入・寄せ植えも
  7. 野菜の植え付け
  8. 花後の球根の管理
目次

5月のガーデニング作業1|花がら摘み

5月は、花がら摘みをしっかり行いましょう。

春に咲き始めた花が咲き終わり、花殻(はながら)となります。

花がらを付けたままにすると…

  • カビや病気の原因になる
  • 徒長して株姿が乱れる
  • 種子ができて弱る

と、デメリットがたくさん起こります。

実(種子)がつかないうちに摘み取ることで、株を長持ちさせ、長い期間花を咲かせることができます。

5月のガーデニング作業2|水やり

5月は気温が高くなる日があり、植物が水切れを起こしがち。

鉢植えは1日1回水やりしておくと安心です。

地植えの場合は、植え付け直後は毎日水やりをします。

根ついてからは、毎日水やりしなくても大丈夫です。

地面や葉の様子をチェックして、乾いていたら水やりをしましょう。

5月のガーデニング作業3|雑草とり

5月はあたたかくなり、雑草がぐんぐん成長してきます。

小まめに草取りをするようにしましょう。

  • 花が咲く前に抜く
  • なるべく根っこから抜く
  • 量が多かったら、葉っぱをむしって光合成できないようにする

5月のうちに雑草を抜いておくと、夏の庭管理がラクになります。

5月のガーデニング作業4|病害虫対策

5月は病害虫も動きが活発になる時期。

しっかり対策をしておきたいです。

5月のガーデニング作業5|種まき

5月は一年草の種まきもできます。

朝顔や千日紅、ケイトウなど、夏に開花する花の種をまくことができます。

種まきは手間もかかりますが、安く苗を量産できるのが魅力です。

5月のガーデニング作業6|花苗の購入・寄せ植えづくり

5月は園芸店やホームセンターにたくさんの花苗が並びます。

ちょうど良い気候で、花を植えるのにぴったりです。

ぜひお気に入りの花を咲かせてみてくださいね。

いくつかの花を組み合わせて寄せ植えを作るのも楽しいです。

5月のガーデニング作業7|野菜の植え付け

5月は夏野菜の植え付けシーズンです。

トマトやナス、きゅうり、オクラ、ズッキーニ、パプリカなどを育て始めるのに最適です。

どれもプランターで育てることもできます。

育てやすいので、ガーデニング初心者でもたくさん収穫できますよ。

5月のガーデニング作業8|花後の球根の管理

5月は、春に咲いた球根が花の終わりを迎える時期です。

花後は茎を切って、葉だけにしましょう。

葉を残しておくことで、光合成をして球根に養分を貯めることができます。

みゆき

葉が黄色くなるまでは、葉を残しておいてくださいね。

カリ成分が多い肥料をやることで、球根をさらに太らせることができます。

まとめ

5月のガーデニング作業についてまとめました!

簡単にいうと、以下の3つに分けられます。

  • 新たに植物を育てる
  • 今ある植物の世話をする
  • 庭を整える

5月はやることがたくさんあって、忙しい時期でもありますね。

花が咲きほこる最高の季節。

ガーデニングを楽しみましょう♪


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

≪家づくりをこだわるなら、お庭づくりもこだわろう≫

新築戸建に住み始めたのをきっかけに、更地から庭づくりを始めて4年目になりました。
元々植物を枯らすタイプだったけど、ガーデニングに挑戦したらいいことばかり!

私のガーデニング理念は、
・帰ってくるのが楽しみになるような庭にしたい。(育てるバラは43種類。)
・子ども(5歳&0歳)においしい野菜を食べさせたい。
・お庭で一緒に遊びたい。

今では、1日5分の草取りで、キレイを維持しています。

手間のかからないガーデニングを発信します!

目次
閉じる