1カ月無料でガーデニング本・雑誌が読み放題!≫

ガーデニングは大変?面倒くさくならないための庭づくり|ガーデニング初心者講座第1回

ガーデニングは大変?面倒くさくならないための庭づくり|ガーデニング初心者講座第1回

ガーデニング初心者講座の第1回です。

お庭づくりを始める前に、しっかりとプランニングすることで失敗を防ぐことができます。

まずは、庭作業にどれくらい時間をかけられるのかを考えてみましょう。

目次

ガーデニングは大変?

ガーデニングは大変?
ガーデニング初心者さん

ガーデニングって大変?

みゆき

確かに大変な面もあります。
でも、工夫次第でラクになるよ!

ガーデニングって楽しい反面、大変さももちろんあります。

お花を植えたら管理もしないとだし、雑草は生えるし、虫は来るし…。

でも、工夫次第でお庭の管理はグッとラクになります。

お庭づくりをしようと思って、何も考えずに植物を植えちゃうのはちょっと待って!

しっかりと庭づくりのプランを立ててから、植物を植えていきましょう。

みゆき

自分に合った庭づくりをすることがとても大切です。

庭いじりにかけられる時間は?自分に合った庭づくり

庭いじりにかけられる時間は?自分に合った庭づくり

ガーデニングが面倒くさくならないために、庭づくりを始める前に以下のことを考えてください。

ご自身や家族が、1週間のうち、どれだけ庭いじりの時間を取れるか

ほとんど庭いじりの時間が取れないのに、花をたくさん植えると管理が大変で、後で挫折します。

逆に、ガーデニングをやりたいのに、コンクリートの庭にしてしまうと物足りなくなってしまいます。

みゆき

まずは庭いじりにどれだけの時間をかけられるかを、考えてくださいね。

あなたは下のどれに当てはまりますか?

  • ほぼ毎日、庭いじりする時間がある
  • 週に数日庭いじりする時間がある
  • ほとんど庭いじりできない

ガーデニングが面倒くさくならないための庭づくり

ガーデニンングが大変で、面倒くさくなってしまう原因は…

  • 雑草とりが追いつかない
  • 植えた植物の管理が大変
  • 植物の管理の仕方がわからない
  • 害虫がいるから触りたくない

この辺りですね……。

じゃあ、庭づくりの段階で解決していっちゃいましょう!

  • 土の面積
  • 植える植物

この2つを工夫することで、ガーデニングの大変さは軽減できますよ!

庭全体

庭全体における土の面積を大まかに決めましょう。

庭の面積が多くなればなるほど、管理は大変になります。

土がないということは、雑草も生えにくくなるので、そのぶん管理がラクになります。

庭の面積を減らす方法

  • コンクリート
  • ウッドデッキやテラス
  • 防草シート+砂利

コンクリートやウッドデッキ、テラスは自力でやるのはなかなか難しいです。

外構業者にお願いするのが手っ取り早いですね。

外構業者に頼むなら、相見積もりを取ることで、費用を抑えることができますよ!

外構の見積もりを今すぐとってみる
  • 無料でできる
  • オンラインで完結
  • 簡単3分で登録

防草シートを貼るのだったら、自分でもできます。

なるべくコストを下げたいという方におすすめです。

\楽天ポイント最大10倍!/
▶︎楽天市場を見る
\最大10%ポイント追加!/
▶︎Yahooショッピングを見る

防草シートを張れたら、上に砂利を敷いておくのがおすすめ!

  • 防草シートがダメになりづらい
  • 草が生えるのを防ぐ
  • 踏むと音が鳴るので、防犯になる

砂利は自分で買うと重くて運ぶのが大変です…。

砂利110番なら低価格で砂利を入れることができますよ。

【砂利110番】
  • 低価格
  • 日本全国・年中無休・24時間対応
  • 見積もり後の追加料金なし

植栽

植栽と管理の大変さ

庭の管理の大変さは、植栽にも左右されます。

草花には、一年草・多年草(宿根草)という分類があります。

スクロールできます
特徴メリットデメリット金額
一年草一年で枯れる華やか手間がかかる安い
多年草(宿根草)毎年花を咲かせる手間がかからない値段が高め高め

一年草ばかりを植えてしまうと、華やかにはなるのですが、管理が大変…。

花がら摘みや植え替えなどの作業に追われがちです。

一方で、多年草(宿根草)中心にすれば、買うときの値段は高めだけれど、管理がラクというメリットがあります。

ご自身の状況によって、植栽を考えるのが大切です。

まとめ|ガーデニングが大変にならない庭づくりの方法

ガーデニング初心者講座の第1回では、「ガーデニングは大変?面倒くさくならないための庭づくり」というテーマでお送りしました。

庭づくりを始める前に、庭いじりする時間がどれだけあるのかを考えてみてくださいね!

毎日庭いじりできる人は

土の面積多めでも大丈夫。

好きな植物を植えましょう。

週に数日庭いじりできる人は

土の面積は広くしすぎず。

毎年咲いてくれる宿根草を中心に植栽しましょう。

ほとんど庭いじりできないは

土の面積を極力減らしましょう。

お庭の一角でお花を楽しめるスペースを作るといいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Instagramフォロワー5.7万人。
ガーデニングコーディネーター資格あり。
PWアンバサダー。ハイポネックスアンバサダー。

元々植物を枯らすタイプだったけど、ガーデニングに挑戦したらいいことばかり!

今では、1日5分の草取りで、キレイを維持しています。

手間のかからないガーデニングを発信します!

目次
閉じる