▶︎ 楽天スーパーセール!目玉商品まとめはこちら

レモンバームを植えてはいけない理由は繁殖力!地植えに注意

レモンバームを植えてはいけない理由は繁殖力!地植えに注意

ほんのりと爽やかなレモンの香りが楽しめるハーブのレモンバーム

レモンバームはハーブティーやハーブウォーターを作ることができます。

そんな魅力的なレモンバームですが、「植えてはいけない」とも言われています。

レモンバームを植えてはいけない理由の一番の理由は、繁殖力の強さです。

地植えは特に要注意!

この記事では、

  • レモンバームを植えてはいけないと言われる理由
  • レモンバームを植えるときに気をつけること
  • レモンバームを減らす・駆除する方法

について詳しく解説します。

目次
この記事の著者

みゆき

ガーデニングコーディネーター

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるように!
ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

  • Instagramフォロワー7万人
  • PWアンバサダー
  • ハイポネックスアンバサダー
  • 元小学校教員

レモンバームを植えてはいけないと言われる理由

レモンバームを植えてはいけないと言われる理由

レモンバームを植えてはいけない一番の理由は、繁殖力が高く、増えすぎることです。

繁殖力が旺盛!増えすぎ注意のハーブだから

レモンバームは、庭に植えると地中で根を延ばし、あっという間に広がっていきます

庭に植えてはいけない植物として、ミントというハーブが有名ですが、レモンバームもミントのようにどんどん増えていくので、知らずに植えてしまうと手に負えなくなってしまうかもしれません。

また、レモンバームは放っておくとお隣の家の庭にまで広がり、ご近所に迷惑がかかってしまう恐れもあるので、植える場所には特に注意が必要です。

先程もお話したように、レモンバームは繁殖力が旺盛で、その生命力の強さで他の植物が上手く育たなくなってしまう恐れがあります。

特にレモンバームの近くに、レモンバームよりも背丈の低い植物を植えると、その植物はレモンバームに隠れてしまって上手く光合成することができません。

このように、レモンバームと他の植物を一緒に植えて育てるのが難しいことが、レモンバームを植えてはいけないと言われる原因となっています。

ミツバチが寄ってくるから

レモンバームを植えてはいけないと言われる理由

レモンバームはミツバチが大好きなシソ科の植物。

レモンバームが花を咲かせる時期になると、ミツバチがやってくるため、「植えてはいけない」と言われています。

小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、お子さんがミツバチに刺されないように気をつけてくださいね。

レモンバームは地植え注意!これ以上増やさないコツ

レモンバームを植えてはいけないと言われる理由

レモンバームは繁殖力が強すぎて、地植えは注意です。

上手に付き合うコツは、増える原因である根と種をコントロールすること。

鉢植えで育てて根が広がらないようにする

レモンバームは増えすぎるので、地植えではなく鉢植えにすることをおすすめします。

くれぐれもレモンバームの鉢は、地面に接しないようにしてくださいね。

レモンバームを鉢で育てることで、繁殖を抑えることができます。

  • 根の成長を抑えて庭に広がるのを抑えられる
  • 他の植物を枯らす心配がなくなる

根どめシートなどで区画を作って育てる方法も考えられますが、根が下からもぐってきたり、茎が上から乗り越えてきたりしてしまうんです。

区画を作る方法だと繁殖抑制がうまくいかないので、鉢植えで育てるのが無難です。

花が咲いたら切る(種をこぼさないようにする)

レモンバームの種ができる前に花を切ってしまうことで、レモンバームの繁殖を抑えることができます。

レモンバームが増える原因一つは、こぼれ種です。

種をこぼさないようにすることがとても大切です。

レモンバームを減らす・駆除する方法

レモンバームを減らす・駆除する方法

レモンバームが増えすぎてしまって、「減らしたい」「駆除したい」場合は、以下の3つの方法があります。

  • 切る
  • 抜く
  • 除草剤を使う

切る

レモンバームを減らしたいなら、刈り込みバサミで伸びた部分を切りましょう

レモンバームに花が付いたら切り落としますことを徹底します。

花を切って種をこぼさせないことで、増殖を防ぐことができますよ。

駆除したい方は、切る以外の方法にしてくださいね。

抜く

原始的な方法ですが、レモンバームを減らしたい・駆除したいなら地道に抜くのが一番です。

根っこが残っていると、そこから増殖してしまうので注意!

レモンバームを抜くときは、なるべく根っこも抜くようにしてくださいね。

除草剤を使う

レモンバームを完全に駆除したい場合は、除草剤を使うのも一つの手です。

ただし、他の植物も枯れてしまうリスクもあるので、気をつけて使ってくださいね。

除草剤を使うのは、最終手段と考えてよいでしょう。

まとめ

レモンバームを植えてはいけない理由についてお話しました。

レモンバームを植えてはいけないと言われる一番の原因は、繁殖力が旺盛なことです。

レモンバームは増えすぎて手に負えなくなってしまい、最悪他の植物を枯らしてしまう恐れがあります。

レモンバームはミツバチが好きなシソ科なので、花が咲く頃にミツバチを寄せ付けてしまうことを挙げました。

レモンバームはデメリットもありますが、メリットもある植物です。

レモンバームは、爽やかな見た目や香りを楽しめるだけでなく、ハーブティーにして飲むことで不安を和らげリラックスできる効能もあります。

増えすぎに気をつけながら、レモンバームを育ててみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お知らせ

簡単ガーデニング情報を動画でも詳しく解説しています。

実際にお庭作業しているようすや管理のコツも載せているので、ぜひチェックしてくださいね。

この記事を書いた人

元植物を枯らすタイプ…。
コツをつかんだら、うまく育てられるようになりました!

実体験から見つけた「手間のいらない庭づくり」。
・簡単に管理できるコツ
・初心者でも育てられる植物
について発信しています。

ずぼらガーデニングくらいがちょうどいい♪

⚫︎Instagramフォロワー6.9万人。
⚫︎ガーデニングコーディネーター資格あり。
⚫︎PWアンバサダー
⚫︎ハイポネックスアンバサダー
⚫︎LOVEGREENアンバサダー
⚫︎元小学校教員

目次